ヨーグルティアで作る甘酒レシピ

ヨーグルティア(YOGURTIA)を購入してから、ヨーグルトづくしな生活を送っています。ほとんど失敗なくつくれるのは、やはりTANITAのヨーグルティアのおかげかも知れません。

今日は、ヨーグルティアで作る甘酒レシピをご紹介します。

甘酒のレシピは、様々なところにあるけど、ヨーグルティアの容器に容量に合わせた分量がありませんので、作ってみました。

甘酒の作り方

材料

  • 玄米もち米(または、うるち米) 1.5 合
    (米は1合150g)
  • 米麹:250g
  • 水:600ml

基本となる米:米麹の割合は、1:1です。ただし、米麹の量が多いほど、甘くなるので、我が家は、この分量。

もっと甘いのが作りたい場合、ストレート作りといって、米麹だけでつくってもOKみたいです。次回、作ってみますので成功したら、お知らせしますね。

必要な道具

  • 温度計
    温度計なんて、持ってないよという方は、人間の感覚で挑戦してもいいかもしれません。60度の温度というのは、人間の感覚として、3秒くらい触ってられるという微妙な温度なのです。
  • 炊飯器
  • しゃもじ
  • ヨーグルティア
  1. ヨーグルティア容器を電子レンジにて消毒する。
    毎度の作業です。でも、この熱湯煮沸は非常に簡単にできます。
  2. 玄米もち米を一晩水につけておく。
    もち米を研いだ後、水に浸します。
  3. 一晩水につけた玄米もち米を炊飯器で炊く。このとき水の量は、少し大目に。我が家は、水3合。
  4. 炊けたら、お釜を外に出して、60度になるまで冷ます。
    温度計を使って、温度を見ます。季節にもよりますが、だいたい5分くらい待つ感じ 。
  5. 60度になったら、米麹をしゃもじで混ぜながら入れる。
    必ず60度以下になってから作業してください。麹菌が死んでしまうようです。そうなると、甘くなりません。下の写真は、米麹を入れたところ、このあと混ぜ混ぜします。
  6. 混ぜ上がったら、ヨーグルティアの容器に入れる。
    混ぜ上がったものが水がヒタヒタになるまで、ぬるま湯を入れる。
  7. ヨーグルティア本体に容器を入れ、時間:10時間、温度:60度にセットする。
    下の写真は、本体に投入前のヨーグルティアの容器です。
    飲む時は、つぶつぶが好きな場合、温めて、1/3くらいを熱湯を付与すれば、美味しく飲めます。つぶつぶが嫌いな人は、ジューサーやミキサーにかけるとなめらか豆乳のできあがりです。残ったものは冷凍保存できますよ。

     

その他のヨーグルティアに関する記事

ヨーグルティアの購入はこちら

楽天の場合 

 


アマゾンの場合

その他商品はこちらで購入できます

調理用デジタル温度計

【28%OFF】貝印 調理用デジタル温度計 DH-5503

【28%OFF】貝印 調理用デジタル温度計 DH-5503
価格:1,199円(税込、送料別)

もち米

炊飯器

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ヨーグルティア

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ