ヨーグルティアで作る100%植物性ヨーグルト(カゴメ:ラブレ編)

ヨーグルトは、乳酸菌が多く、腸内環境を整えることから、便秘解消や美肌につながると人気です。

しかしながら、そのほとんどが牛乳成分を含む動物性の種菌から作られているものです。ある本で読んだのですが、牛乳成分のヨーグルトを毎日食べている人の腸の中を検査したところ、何と、腸内環境が良くなっているどころか、腐敗していたなんて話もあるくらいです。

で、我が家では、豆乳を使って、しかも、種菌も植物性のものが無いか探してみたところ、いくつか見つかりましたのでその作り方をシェアします。

ラブレを使った100%植物性ヨーグルトの作り方

材料

  • カゴメの植物性ヨーグルト:ラブレ80ml x2 本
  • 豆乳 : 720ml
  • オリゴ糖 : 大さじ2杯

必要な道具

  • ヨーグルティア
  • 軽量カップ
ヨーグルティアでないとできない訳ではありませんが、どうもカゴメのラブレの場合、発酵温度が30度から40度くらいのような気がしますので、この温度帯を5時間くらいキープできれば、とりあえずヨーグルトはできると思います。我が家は、36度で10時間にすると、きちんと固まっており、5時間くらいで、ドロドロした飲むヨーグルトになります。
  1. ヨーグルティア容器を電子レンジにて消毒する。
    毎度の作業です。ヨーグルティアの場合、この熱湯煮沸は非常に簡単にできます。
  2. 容器に豆乳を720ml, ラブレを2本、そして、オリゴ糖を大さじ2杯入れ、良く撹拌します。
    我が家で利用している豆乳は、スジャータの有機豆乳です。イソフラボンの量が多いほど、固まります。

    そして、肝心のラブレは、これ

    オリゴ糖は、これを使ってます。乳酸菌の餌です。

    そして、良く撹拌。(我が家は、波動を大切にするので、右回りに撹拌)
  3. そして、容器に蓋 をして、ヨーグルティアにセット。夜寝る前にセットして、朝起きたらできている感じです。

その他のヨーグルティアに関する記事

ヨーグルティアの購入はこちら

楽天の場合 

 


アマゾンの場合

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ヨーグルティア

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ