ヴィトンの人気ナンバー・ワンって知ってる?これだった〜(ーー)

今や世界ナンバーワンブランドとなったルイ・ヴィトンは、1854年にパリで創業。伝統的でエレガンス、そして長年愛用できる丈夫な作りによって、世界中で愛される人気ブランドとなった。
日本には1978年に上陸。現在は若い女性を中心に絶大な人気を誇っている。女子高生や女子大生の間でも人気が高く、初めて手にした憧れのブランドがヴィトンという女性も多い。
ルイ・ヴィトンと言えば、定番は「L」「V」「星」「花」を組み合わせたモノグラムライン。落ち着いたカラーと飽きのこないデザインで、ひとつは持ってい たいアイテムと言える。また、2003年に村上隆とのコラボレーションで登場した「モノグラム・マルチカラー」も人気。ブラック、ホワイトのカラーに鮮や かな色彩のモノグラム柄を施し、女心をくすぐるキュートなデザインとなっている。

クチコミはこんな感じ

:-) 正装をする機会が有り、ヴィトンのバッグを母に借りました。周りの目が集まりました。やはりブランドとして人気が高いのかな?と感じました。(38才・女・専業主婦)

:-) みなさん、こだわりがありますので、総体的な評価がここでは、でないのでしょうね、たぶん、残念です。ヴィトンのよさは2005年だろうかそれを 境に、質が低下してますが、丈夫さは、さすが、全体的に質のよさがいいのは、エルメスでしょうね、コーチの質の高さもいいです、扱いやすい、が、皮が安物 過ぎる。シャネル最強説もありますが、今は、もひとつ、長持ちで言うなら、昔のコモサ、20年使って経たりもしません、兎に角、頑丈でした・ヴィトンは金 具がちゃちになりました、昔のエクセル社に金具の取り付けをお願いしたい。縫製も3mmの縫製ができていない。コーチの2.5mmもそうだが職人がいな い、ブランド財布原点に返るべきですね。(50才・男・会社員)

:-) 丈夫で長く使え服にもあわせ易いデザインが多いですが、街中はVUITTONであふれかえっていて、持ってるのが恥ずかしいレベル。今では自分で は絶対に使いたくないブランドの一つになってしまいました。フランスの方と話す機会があり、その方から聞きましたが本場でも若者はあまり使っていないよう ですね。(30才・男・経営)

:-) もともと日本の家紋や市松模様からヒントをえているヴィトン。日本人の嗜好と合うはずだと思います。作りが丈夫なうえに汚れ等が目立ちにくいので 長く使える点もさすが。そもそもハイブランド品は長く使うことを前提としているので、値がはるのもしかたがない。一般の20代や高校生が持つには華美だ し、本物に見えない。本物なら親の教育や金銭感覚を疑いたくなります。30代以降の大人が持つとハイブランドバッグと女性自身を共に引き立てあい、上品に もてると思います。ちなみに私も憧れていたので30歳になってから購入しました。(31才・女。主婦)

:-) バッグ・財布に関してはとにかく、傷が目立ちにくいです。丈夫なので日常使いに最適です。ただ、モノグラム柄などはフォーマルな場では逆に持ちにくいです。案外服を選ばないので楽です。(31才・女・会社員)

:-) はっきり言って、値段は高い!でも、デザイン・使い易さ・丈夫さ…などを考えると、妥当な金額だと思います。個人的にはダミエが好きですが、ダミエ始め、定番のモノグラムなどは

コーチならこういうのが好きだな〜

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年5月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:小物

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ