クルミの特徴

クルミの65%は脂肪であるため、食べると太りやすいと考えている人も多いのではないでしょうか。

でもちがうんですよ〜 😮

クルミに含まれている脂肪は、体内では合成することができないオメガ3脂肪酸を多く含んでいます。

オメガ3脂肪酸は、肝臓で熱に変わりやすい油で、蓄積しにくいため太りにくいとされています。

そのため、お肉などのカロリーのある食事にかえて、オメガ3を多く含むクルミに変えることで、ダイエット効果が期待されます。

ほかのナッツ類にも、オメガ3脂肪酸は含まれているのですが、圧倒的にクルミに多く含まれています。

厚生労働省の食事摂取基準でも、さらに食べる食品として、クルミを食べることが推奨されているそうですよ!

私はなんでもクルミ入れてます。にんじんサラダに、アスパラベーコンにクルミとか、気軽にとってみては?

■クルミの最強食べ合わせは?

クルミの最強食べ合わせは、納豆なのだそうです。

納豆に含まれるナットウキナーゼには、血栓を溶解し血液をサラサラにしてくれる効果があり、クルミの悪玉コレステロール低下させる効果と合わせて、血液健康効果が期待できるそうです。

 その他の関連記事

    [rakuten]001:9784757212992[/rakuten]

    [rakuten]001:9784594607517[/rakuten]

    [rakuten]001:9784344017818[/rakuten]

     

    このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ


    2011年8月24日 | コメント/トラックバック(0)|

    カテゴリー:美人おやつ

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ