コーヒー生豆茶って知ってますか?

 

コーヒーの命ともいえる独特の色や香り、風味を生み出す焙煎をしないこと自体が驚きだが、この商品の特徴は、普通のコーヒーの約2倍のコーヒーポリフェノール(クロロゲン酸類)が含まれていること。

2010年春から「日本人が1日で一番ポリフェノールを摂っているのはネスカフェ」といっている 😯

コーヒー自体に多くのポリフェノールが含まれている ことをアピールしてきた。ただ、コーヒーポリフェノールは焙煎すればするほど減っていくんですよね。そこで、 コーヒー豆を焙煎する前の生豆に着目。生豆を焙煎した豆と混ぜることで通常の2倍のコーヒーポリフェノールが摂れる「生豆ブレン ド」を発売された。それに続いて商品化されたのが、生豆から抽出した「珈琲生豆茶」なのです。

本来、私はコヒーもあまり好きじゃなく、カフェインも取れない人なので、コーヒーがいいと言われていても無視だった。これはノンカフェだし女性に大切なポリフェノールがふんだんと入っているので、見かけたらちょっと味見をしてみてください。感想などもまってま〜す。 😛

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011年8月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ブログ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ