板藍茶 インフルエンザにも効く中国のお茶

板藍根(バンランコン)とはアブラナ科の植物「菘藍」の根のこと。

中国の家庭では板藍根のエキスを顆粒状にしたお茶がいつもストックされており、冬の風邪対策の定番となっております。

日本に来日する中国の方はたいていお守りのように、板藍茶や板藍根チョコレート(!)を持っています。遠くに旅立つ子供を心配した母親が持たせてくれるそうです。
板藍茶のココがすごい!
・ 風邪対策に効果抜群
・ 皮膚疾患(ニキビ、吹き出物、湿疹)改善にも良い
効能(1) 風邪・インフルエンザ対策
板藍茶と言えば中国で定番の風邪対策茶です。その予防効果は非常に高く、多くの学校では生徒に飲ませているため、中国で学級閉鎖は起きないそうです。また、他種のウイルス感染症に治療効果があり、冬場はインフルエンザ対策として飲んでおくとよいでしょう
効能効果 皮膚疾患の消炎・抗化膿作用
幅広い抗菌作用を持つ板藍茶は、皮膚疾患の消炎・抗化膿にも効果があります。毛嚢炎、ニキビ、吹き出物、湿疹、丹毒でお悩みの方はお試しください。

タグ


このページの先頭へ