美容と甘いもの|肌、健康に良い果糖

白い食べ物は避けて!

世界中で白い食べ物は避け、茶色いものを選んで食べています・

その訳は、精製されたものは食物繊維や栄養要素が抜けていて血糖値が上昇しやすく、急に上がったり下がったりするのです、

この投稿の続きを読む »

タグ


2011年7月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:基礎作り

青汁(グリーンカクテル)|美肌、健康には朝に1杯

朝御飯の常識?

映画で観るようなシチュエーション、キラキラ光る朝日に照らされ・・
家族みんなでキレにもりつけられたサラダ、パン、果物、スクランブルエッグ。。ってブレックファーストっていうわけにはいかない人が多いのでは?

朝御飯の非常識?

朝は少し早くおきてバタバタしないで野菜ジュースを果物を割って飲んでおけば1日の美容のスタートはバッチリよ!
野菜ジュースなんて作るの大変よね、私は青汁とりんごジュースか人参ジュースを混ぜてるの。
青汁は飲みにくいイメージがあるけど、いろんな種類があります。口にあうものをさがすのも楽しんで♫
私はMASUDAとういうプチベールとういう物を飲んでいます。粉末のスティックの物もまります。旅行や時間のないときにはとっても便利。
時間に余裕のある週末などは冷凍の生ジュースを飲んでいます。
もちろん、それにりんごやにんじんジュースをまぜメイプルシロップきな粉バナナをいれて豆乳で完成!
カロテン、ビタミンC、鉄分、カルシウムがほうふに入っているので女性には飲んでいただきたい。

そういえば、このジュースを飲み始めてファンデーションのトーンが1ばん明るいのになっちゃいました。くすみは消えシワもなくなりますよ。飲むだけで美容効果絶対なら飲んだほうがいいわね。。

タグ


カッサマッサージ美活沙(びかっさ)|1分でたるみ改善

エステサロンで利用されているマッサージ補助具

カッサ中国などで知られているマッサージ補助具、その名も美活沙(びかっさ)

以前はエステサロンしか手に入らなかったとも言われているけど、今は簡単に安くに入るのが嬉しい。

中国、上海の2500年の歴史を持つ美容法とは「かっさマッサージ」
カッサとは漢字で書くと「活沙」となり中国では水牛の角やヒスイでかっさ板(かっさばん)と呼ばれるヘラを作る。顔をこするヘラ、全身のツボ押しとして使用される。先日。お笑い芸能人(女性)がカッサでマッサージ体験したところ、全く顔が代わり、顔に溜まっている老廃物がリンパに流れたのだろうが、、それにしてもすごい変わり様だった。

私は枕元にいつもおいてあり、テレビなど見ながらやっている。使用方法は簡単リンパに向かってお掃除するみたいに撫でていく。顔なら全部耳方向に。耳についたら、首におろし、鎖骨を撫でる。どこにしてもそ〜〜とです。ムキになってやるといたくなっちゃいますからね〜

 

タグ


2011年7月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ダイエット

シワ防止に即効果|うなぎの効果、成分

即、綺麗になりたいならうなぎを食べて勝負

本当なんです、私はこれでいつも勝負してきました!

気になる目もとのシワは必ずとれます。目からウロコでしたよ〜 モデルの仕事をしていた為、寝不足でできたシワが最悪で先輩から教えていただき速攻食べにいきました。究極なサプリってことですよね。食べる点滴といっても過言ではない!

ビタミンAの効果

純粋な形のビタミンAのレチノールは、私たちの体に必要不可欠な必須ビタミンの一つです。表皮の新陳代謝を活発にするので、なめらかでキメの細かい肌になります。

また、皮脂の分泌を抑え、角質層にヒアルロン酸を増やすので、しっとりした肌になります。さらに、真皮のコラーゲン、エラスチンの生成を促して、肌にハリを与えます。

なお、「うなぎ」に含まれるビタミンA(レチノール)は、にんじんやピーマンなどの緑黄色野菜に含まれる同じビタミンAの一種のカロチンに比べて7倍の効果があり、体内への吸収率が高く、効率的にビタミンAを摂取することができます。

うなぎ100gにビタミンAは5,000IU含まれているので、蒲焼1人前で1日に必要なビタミンAを十分に摂取することができます。
また、うなぎの肝は小さいながらも、うなぎの身の3倍のビタミンAの効果があるので、ビタミンAの効果を少量で摂取することができます。

その他のビタミンの効果

★ビタミンB1 

アルコールや甘いデザート、ご飯やパンなどの炭水化物といった糖類をエネルギーに変化させます。
そのため、ダイエットに不可欠なビタミンです。
★ビタミンB2
美容のビタミンといわれ、皮膚の新陳代謝を正常にし、皮膚や粘膜の健康維持し、抵抗力をつけます。
★ビタミンE
若返りのビタミンといわれ、細胞の酸化を防ぐ働きがあり、肌の老化を防ぎ、肌につやを与えます。
また、ビタミンAの酸化も防ぎます。

ビタミン以外の美容効果

★コラーゲン
うなぎの皮の周辺に多く含まれるコラーゲンは、肌に潤いとハリを与えてくれます。
コラーゲンは、適度な運動により合成されるのですが、うなぎは全身で泳ぐので、良質なコラーゲンが多く含まれています。 

しかも、うなぎは皮ごと食べるので、効率的にコラーゲンを摂取することができます。

しかしながら、そのコラーゲンはビタミンCと一緒に摂取しないと体内に吸収できないので、ビタミンCが多く含まれている食材と一緒にとることが大切です。

最近書いたブログ記事

タグ


2011年7月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ブログ 基礎作り

シワ防止に必要なビタミン剤|ビタミンCで、すっぴん勝負

アスコルビン酸の効能

肌のコラーゲン生成を補助するビタミンCを毎日、欠かさず摂取すれば、肌のシワ・たるみを解消し、肌を美しく保つことができます。

ビタミンCの中にアスコルビン酸っていうのものがきくんですよ。

ビタミンCは、メラニンの生成の抑制に働きかけて、皮膚への弾力と潤いを与え、コラーゲンを作る働きをします。また、シワ・たるみの原因の一つは肌の老化ですが、ビタミンCはその原因となる過酸化脂質を抑えてくれる働きもします。

ビタミンCは、水溶性

ビタミンCとは水溶性ビタミンの一つで、人体内では生成できない栄養素なので、外部から摂取することになります。ビタミンCが多い食物は、オレン ジ、グレープフルーツ、アセロラ、キウイ、いちご、ブルーベリーなどの果物類になります。他にはブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、パセリなどの野菜類があり ます。

ただ、ビタミンCは水に解けやすく、また加熱されることにも弱いので、軽く水洗いしたものをそのまま生で食べるか、火を通すなら、蒸すか炒めて調理して食べるのがおすすめです。

 

ビタミンCは、サプリメントとして摂取することもできます。しかし、サプリメントを常用すると過剰摂取になり、内臓が悪くなる怖れがあります。自然の食品からビタミンCを得る分には、摂りすぎることはありません。残念ながらサプリメントから1日約50ミリグラムしか摂取できないんですよ、なので無理して取らないように。。

もちろんビタミンCは、サプリメントよりも食品から摂取する方が理想的を言えますが、ストレスがかかると美容に良くないです、サプリメントは私はいいと思います。サプリメントは必ず夜飲んでくださいね、1番吸収されやすいです。それとビタミンCにかぎってはシミなどにきくのですが朝から飲むと余計シミができやすくなります。

 

 

タグ


2011年7月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:基礎作り

このページの先頭へ